2018年08月11日

お盆によせて T

東大阪・布施の女性専用鍼灸マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。
image.jpeg

普段、私たちが体験していることは

すべて

もう居ない人は

体験することのないものです。


この暑さも

笑いも

涙も

美味しい○○も

新発売の製品も。


あたりまえのことではありますが、

お盆の季節、

あらためて思うのです。


こんなときどう言うかな。

こんなときどうするかな。

これがあったらどんなによかっただろう。

こんなの、遭わなくてよかったね。


亡くなった方々とは、

麦茶をコップに入れて飲む、

そんな何気ないことも

一緒に感じることができません。


お盆にはそれぞれに

様々な場面で

亡くなった方々に想いを馳せることでしょう。

image.jpeg

これもまたあたりまえのことですが、

残っている私たちは

毎日を

自分の力で考え、行動していかねばなりません。



今ある身体で

思う存分いろんなことを感じましょう。



誰かと共有したと思っても

その感覚はあなただけのものであり

誰にも同じようには味わえないのです。

あなたの身体の調子も同じです。

調子の良い時悪い時、

見た目にわからずともご自身では感じているはずです。

感覚に正直になりましょう。



今はもう居ない方たちが体験された

暑い“夏”は

最早、今より過ごしやすいものになっています。

私たちが居なくなった後には

今年の暑さがまた

どんなふうにその時の夏と比べられているかわかりません。

いつでも、

現在を生きている者が感覚の主人公です。

image.jpeg

私たちは自然と共に、変化する中にいます。

だからこそ

心でも体でも

現在をしっかり感じながら

生きていきましょう。



「亡くなった方の分まで」

というより

「自分の分」を。





にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜18:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 17:59 | TrackBack(0) | 日記