2019年03月10日

優しさの世界

東大阪・菱屋西の鍼灸・マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。
image.jpeg

私たちは大切な人に

健やかであってほしいと願うあまり、

痛みやつらさを抱えているのをみると

なんとかしなきゃと

あれこれと働きかけたくなるときがあります。


痛みやつらさがあるとき、

また病になったときに、

誰かに心配をされることは

ときに

元気の栄養となりますが

ときに

重いと感じさせてしまうことがあります。


「あなたのために」

という言葉が

そう感じられないとき

人は

嫌な思いしかしません。


どうやってわかるの?というと、

働きかけた相手から

抵抗されたりなんの返りもないときには

「あなたのために」したことだけど

当の本人には受け入れられない

本人は必要としていないんだなと理解しましょう。

image.jpeg

治癒の過程には

本人だけのタイミングとスピードがあります。

早く

と願うことが

あなたにとって心配の種を消したいための

早く

になってはいませんか。


ご本人だって早くと思っているところを

もっともっとプレッシャーをかけてはいませんか。


痛みやつらさを感じること、

そしてそれを治したいと思うこと、

行動すること(病院に行くなど)、

すべてご本人にしか出来ません。

1人で向き合う時間はその方に必ず必要です。

ご本人の持つ力を信じ

あれこれと急かさず

見守るということが必要な場合もあります。

image.jpeg

優しさが届く世界は

決して一方的ではありません。

ご本人が受け入れることができる分だけは

ちゃんと届いています。


心配な人がいるときには

気にかけるその優しさを

寄り添う力と支える力に変えて、

その方が安心して

治っていける時間を

共に過ごしてあげてください。


あなたが心配しているということは

ご本人が1番

健やかでありたい

と思っているときでもあるのです。


あなたの優しさが

どうぞ大切な方のお薬になりますように☆




にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜19:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 00:00 | TrackBack(0) | 日記