2019年04月23日

こころは誰のもの?

東大阪・菱屋西の鍼灸・マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。
image.jpeg

こころは誰のものでしょう。


体が人からもらえないように

こころも人にもらえません。


身長が、体重が、一人一人違うように

こころの感じ方も一人一人違います。


同じ花を見ても感想は、

あなたの今の状態によって違います。

「きれいだな」と思うような一般的な感想を持たなくても、

あなたが感じたそのままが正解なのです。

こう思わなくちゃという無理は必要ないものです。

image.jpeg

好きじゃない人からこころを受け取ることが出来ないのと同様に、

差し出したこころが

受け取られないこともあります。

たとえ受け取りあったとしても、

相手の全てはわかりきれません。


体もこころも本来は

他人とやりとりするものではなく

自分だけのものです。


こころの「本当」は

決して人にはわかりません。

image.jpeg

私たちはたくさんの他人と接する生活の中で、

同じ体験や思いを共有します。

他人を思いやることもします。

そうしてつながっている感覚は、

安心を与えてくれます。

近い関係、特に結びつきの強い家族との関係においては、

こころが共有されていると捉えがちです。

そんな中で、

関係する人に

自分のこころをあけ渡してしまう、

ということが起きる場合があります。


誰かの決めたことや

誰かの感情の影響を

強く受け過ぎてしまって、

それが自分の感覚となり、

自分のこころの「本当」が

行方不明になってしまうのです。


そうしてそのまま長い時を経るうち、

自分でも気がつかないくらい

自然に

自然に

自分のこころの顔をして

あなたになっていきます。

image.jpeg

あなたは今、

本当のあなたでいますか?


隠された自分のまま

気づかずにうまくいっていたのに、

やがてある日

それまでの生活が変わるとき、

あなたの体やこころが何かしんどくなってあたふたします。

・卒業
・結婚
・更年期
・病気
・就職・退職
・子育てが終わる
・親の介護

人によってその時期は違います。

またきっかけも様々で、

大きな環境の変化だけとは限らず

髪型を変えたなんていうちょっとしたことも含まれます。


環境が変わるときには

体調もこころも

変化をしています。

体は正直。

いつの間にか作られたあなたが

無理した分は積み重なっていき

やがて病として形を表します。

そんな背景がある場合、

検査をしても異常がなかったり、

気のせいだと片付けられたり、

なかなか治癒に向かえないといった

状況に陥ることがあります。

それはもう、

あなたになりすましたこころのままでは

いられない時がやってきていることを意味します。

治癒、予防のためにあなたが出来ることは、

行方不明になっているこころを

見つけ出してあげることです。

image.jpeg

見つけ出したこころを

解放してあげましょう。


体裁や遠慮。

これまで身に付けた教えられた価値観。

自分を守るために身に付けた感じ方と表現。


これらを外して、

あなた自身が素直に感じたことを

大事にしてください。


こころを誰かに明け渡さないで。


誰かとわかりあうとき、こころは寄り添いますが

それでも本当はひとりずつの感じ方をしています。

あなたの中の声を

あなたが聞いてあげて

置かれた環境で対処の仕方だけ折り合いをつけていけばいいのです。


どうやって?


そのために必要な自分と向き合う時間を作ることです。

もしも病や不調の背景に精神的なものが関わっているならば、

病や不調は自分に向き合わざるを得ないように、

安静期間や治療時間をもたらしてくれます。

鍼灸・マッサージで手あてすることも、対処の一つです。

体が楽になる感覚で、

自分のこころのあり様がわかるようになります。


がんばっていること。

人には見せないようにしていること。

我慢していること。

楽しいはず、幸せなはずの環境なのに楽ではない。

たくさんの

本来のあなたがつま先立ちした部分が溢れ出てくるでしょう。

びっくりしても大丈夫。

見つけられたこころは喜んで

軽やかさをもたらしてくれます。

・なんか腑に落ちた
・モヤモヤがすっきりした
・やりたいことがはっきりした
・楽だ

解放されるタイミングがやってきたときには、

それまでなかなか変化しなかったことが一気に変わる、

ということが体でもこころでも起きます。

そこへ向かって進んでいきましょう。

image.jpeg

実生活では、誰しもおかれた環境は必ずしも自分の思い通りではありません。

よそからみれば幸せだという定義にあてはまるような環境にいる場合でも、楽でない状態は起きます。

ですから、たとえこころが行方不明になっていることに気づいても、

自分を責めないでいましょう。

身につけてきたこころを守る術は

いけないものや間違えたものではなく、

変わろうとする今のあなたを支え、

これからも力強く役立ってくれるものです。

解放出来たときには、

今度は自分のこころは

しっかりとどこへも行かないように持っていくことが出来ます。

それまでとは違い、そこには芯のある自分がいます。

image.jpeg

こころは誰のもの?


あなたのこころはあなただけのものです。

わからなくなったら

見つけにいけばいいのです。

あなたの年表にこれから、

たくさんの喜びや楽しみが記されますように。

過去の年表にいるあなたを誇らしく思いながら

書き足していってくださいね☆



にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜19:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 00:00 | TrackBack(0) | 日記