2019年04月26日

平成最後の金曜日

東大阪・菱屋西の鍼灸・マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。

〈今日開いたバラ〉
image.jpeg

今日は金曜日ということで

「平成最後の通勤」

なんて言葉が使われています。

どんより雨雲がかかった朝になりました。



あなたにとって平成はどんな時代でしたか?



たくさん流行ったものや新製品がありましたね。

それらを見ると当時を思い出すでしょう。


image.jpeg


昔のものに触れると、

記憶の中にある忘れてしまっていた感情が

ふとよみがえることがあります。


中でも体に強く残るのは「不安」や「怖い」という感情です。


不安は

どうしようから、

なったらどうしように変化し、

ならないように考え、

なったら嫌だから避ける、

という行動に結びついていきます。

自分で自分に制限をかけてしまいます。

怖さも

またなったらどうしよう、

同じ目にあいたくない、

そんな気持ちから

自由を奪ってしまいます。


こころの制限は体の縮こまりとなり、

硬さをつくります。

また病気ではないのに、

体のあちこちが凝ったり痛くなったり

毎日違う不調が出て、

自律神経失調症と言われてしまうこともあります。


image.jpeg


長く続いている体調不良は

原因をみつけ出すときに、

昔の記憶が必要な場合があります。

そもそもはじまった時どうだったのかです。

きっかけはなんだったのでしょう。

思い出すことで

いかに初めに味わった不安が大きかったかがわかります。

きっかけを忘れていたとしても

なぜ不安になったのか
なぜ怖かったのか

さらに

なぜそれが不安なのか
なぜそれが怖いのか

を次に見つめていくと

誰にも言えなかった「理由」が出てきます。

その理由は、

「そんなことが?」

と人に思われそうで

これまた表に表せなかったかもしれません。


こうやって自分で自分を探していくと、

必ず本心を感じなければならない時が訪れます。

不安だったのは○○だったから
怖かったのは○○だったから

そんな自分の叫びを

今こそ聴いてあげましょう。


体はこころとつながっています。

昔を思い出せたなら

それだけでも解放されています。

不調を解消するために受ける施術で

体をリラックスさせることは、

自分と向き合う作業を手助けし解放へつなげます。

水に広がる波紋のように

あなたの中に広がってしまったものを

あなた自身がすくいあげるとき

透き通ってみえるようになるのは

本来のあなたです。


不安や怖さがどこからきているかがわかると

それを癒すことはできます。


本来のあなたが

当時、不安や怖さがあったにもかかわらず

がんばってきて今居ること。

蓄積疲労や不調を

治そう、変わろうと思った力。

今ある不調はある経験から大きく作られてしまった、

本来は必要のないこころの捉え方を

解放するために出た体の声です。

あなたのもつ、変化する力を信じましょう。


image.jpeg


ゴールデンウィークが終わったら

新しいあなたの出勤です。


なんにも見た目に変わっていなくたって

平成を振り返り

自分に胸をはって

令和に一歩踏み出しましょう。

本心をもう自分の中で誤魔化さず

思いと行動がズレないように

やっていきましょう。


平成のかけらは

令和のいつかに

あなたをたくましくしたと思い出すことができる材料となるに違いありません。




にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜19:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 20:12 | TrackBack(0) | 日記