2019年06月04日

東大阪・菱屋西の鍼灸・マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。
image.jpeg


「歳をとるっていやだなあと思う」

そんなふうに話す方がおられました。


もう若くない、

そう思うとき

私たちは

何かを諦めています。

それは

もう体験できないことがあると

受け入れざるを得ないとき。

そして

そこには

やりたかった思いが隠れています。

できるときにできなかったと悔やまれるとき

自分が何を望んでいたのか、

自分にとって何が必要か、

本心を知ることになります。

けれど

過ごしてきた日々の中で

そのことに気づけなかったということこそが

あなたの生き方であり

歴史なのです。

体験しなかったことは、

必要なかったことかもしれません。

体験しなかったという体験も含め

あなたの昔はすべて

体とこころが記憶しています。

若いからできたことがあるのと同様に、

年をとったからできることや

年をとった今だからわかることが

必ずあります。

また他の人とは違うあなただけの体験も。

年をとるのが嫌になったら

本当は、

体験の積み重ねが増えるだけであり

肉体の衰えは

木が季節と共に変化するように

ごく自然なことなんだと思い出してみましょう。


〈歳なんか知らないニャ〉
image.jpeg

確かにもう若くないけれど

シワは増えるけれど

あなたは

生まれた以上

あなたを生きる責任があります。

若さがあるときにできなかったことに思い当たって

なんのために今あるんだろうとふと考えたなら。


なんにもしなくても

なんにもできなくても

ただ在ることで

その責任を果たせています。


体力が衰えると

より強く若さを恋しく思うでしょう。

今できることで

ご自身が楽しく思える何かを

毎日ひと時でももって、

また体験を積み重ねてまいりましょう。


みんな一緒に、

歳をとっています。




にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜19:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 21:09 | TrackBack(0) | 日記