2019年06月07日

変化

東大阪・菱屋西の鍼灸・マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。
image.jpeg

昨年植えた木の変化を

毎日気にしていると

ほんの少しの成長しかしていないような気がして。

「早く大きくならないかな」

と、まだ見ぬ立派な姿の想像ばかりしていました。


期待が膨らむほどに

思うような変化がわからないとき

焦りから

自分でことを動かそうとしてしまうものですが、

たいがいは及ばない事柄であり

すぐに思い通りにはなりません。


木を見ていると、

急がなくても

ものには「時」があるということを教わります。

image.jpeg

ちっとも変わってないような気がしていたのに

「ん?!」

ある日、

丸い芽のような蕾のようなものが現れて。

それはあちこちに。

これはなんになるんだろうと思っていると、

「あ」

image.jpeg

晴れた朝

一輪の花が!



ずっと待っていたことが

おきた時のうれしさ。



次の日にはあちこちに!

image.jpeg

変わっていないように思うことも

見えないところで

ちゃあんと進んでいる、

ということは

身体でも起こっています。


自然治癒力は

木でも

私たちでも

働いています。


そのことに相応しい速さで

時は必ず来ると

信じましょう。


あなたには

あなただけのタイミングがあります。


継続治療で身体と向き合っておられる場合、

急くほどに

焦りから進まなくしたり悪化したりすることもあります。


体とこころに備わる変化の力は

段階を経て

確かに快方への矢印で向かっていますが、

意識で理想とちがう現実にに固執すると

ちゃんとおきてきた変化の兆しさえ

感じなくしてしまいます。


変われ変われと

無くしたい無くしたいと

焦るほどに、

自分の期待するような段階の変化でなければ

受け入れないということがおこり、

少しの矢印も感じることが出来なくなります。

願望があればあるほど

期待は膨らみますが

水面下の変化がわからず

一喜一憂してしんどくなってしまうこともあります。


体とこころに必要な時をあげて

そのタイミングを待ちましょう。


待つことは

なんにもしないで堪えることではなく

そのタイミングを自ら生み出しているということに気づくとき

バランスを崩していた体とこころが一つになって

おきてほしかった変化がおこることに

自分自身で許可ができます。

image.jpeg

本日は朝からたくさん雨が降りましたね。

大丈夫と思えばまた不安になったりと揺れながら

やがて

大丈夫に、

忘れているくらいに、

なっている時がくると

信じてあげましょう。


雨に打たれながらも

花は咲くべきときに咲き

次の段階へと向かってくれています。






にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜19:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 17:56 | TrackBack(0) | 日記