2019年09月20日

看病や介護の期間も

東大阪・菱屋西の鍼灸・マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。
image.jpeg

看病や介護をしておられる方は

毎日が同じでないことを知っておられますね。


患者さんがそうであるように

あなただってそうであることに

気がついていらっしゃいますか?


忙しくて後回しになりがちですが

自分の体とこころを整えておくことは

期間が長くなるほどに

大事なこととなります。

なぜなら、

看病や介護が終わった途端、

体調を崩してしまう方もたくさんおられるからです。


それは

ほっとした気持ち。

さらにがんばろうという気持ち。

さみしい気持ち。

思い返す気持ち。


環境の変化に伴って出る

いろいろな気持ちは

体にも影響を与えているからです。

image.jpeg

看病や介護が始まると

毎日いろいろな対応に追われていきます。

生活のリズムは変わり、

ご自身のことは「言ってられない」状態になります。

新たなスケジュールで生活することに慣れてきた頃、

少し自分の体調変化にも気がいくようになります。

けれども緊急でなければそれを

積極的に本腰を入れて

治療することはなかなかしないものです。

我慢できるくらいの症状はごまかせるし、

小さな痛みは少したつと感じなくなったり。

そのうちたびたび出る症状にも慣れて、

いつものことですませているうちに

慢性化していきます。

中には手術をすすめられるような状態でさえ、

他に世話をできる者がいないという理由で

後回しにされることも少なくありません。

やがて、

看病や介護の必要がなくなったときになって

やっと

ご自身の体とこころについて

ガッツリと感じることになります。

image.jpeg

看病や介護に邁進している間にあったのは

緊張感だけではありません。

知らず知らず

がんばることにやりがいや

ご自身の存在価値を証明するような状態に

なっていることもあります。

馴染んだ生活のリズムがまた変化するとき

糸がプツンと切れるように

気持ちもプツンと途絶えてしまう…。

そんな状態は

誰でも起きる可能性があるのです。

image.jpeg

「もうがんばらなくていいんだな」。

それは

また新しい生活がはじまるタイミングでもあります。

ようやくそのようになったときに

蓄積疲労から体調を崩したり、

慢性化した症状が悪化したり。

いっぺんにガタがきて

今度はご自身のための治癒の時間を

とらなければならなくなります。

image.jpeg

一生懸命を少し休んでも

バチはあたりません。

一生懸命は

自分はどうでもいいと思うことではないのです。

どのような状況でも境界線をひいて

自分の体調や精神の安定をとろうとすることは

冷たいことでも怠けでもありません。

看病や介護がはじまったなら

体とこころのバランスを

確かめながら

保ちながら

少しでも“いい”状態でいられるように

ほっとするひとときもつくるようにしましょう。


体調管理はご自身の分も。

あなたの状態は患者さんにも伝わります。


今日と同じ明日がないからこそ

あなたもその期間を

自分をすり減らすばかりではなく、

経験がむしろ

あなたのこれからを支える思い出となるように

がんばっていきましょう。


ちょっとずつの休憩が

体とこころには

とってもとっても大きな癒しとなります。

そして

あなたを必要としている人との関係性にも

大きな癒しをもたらすのです。





にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜19:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 23:58 | TrackBack(0) | 日記

2019年09月19日

五臓六腑から元気に

元気は五臓六腑から


東大阪・菱屋西の鍼灸・マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。

〈ごはんいらニャーい〉
image.jpeg

「五臓六腑」という言葉を

東洋医学にかかわるところで

目にされたことがおありでしょうか。

内臓の状態は体調に結びついています。


でもいまいちピンとこないという方は、

疲れたときに

食欲がわかない

という経験をされたことはありませんか。

また食べ過ぎや飲み過ぎで

体が重い、だるい感覚。

あの感覚は

内臓が体調に大きく影響を及ぼしていることを

イメージしやすくしてくれています。


五臓六腑の健やかが

見た目に

行動に

現れてきます。

〈五臓六腑にしみわたる…〉
image.jpeg

体調を崩したとき

元気になるために

「いっぱい食べなさい」

という声かけがあります。

しかし

食べたものが消化できない、

消化した栄養がうまく全身にいきわたらないとき、

つまり五臓六腑が健やかでないときには

入れられない・巡れない・出せない状態がおこります。

五臓六腑からしんどくなることも、

無理が五臓六腑を弱らせることも、

両方が不調の原因になります。

五臓六腑を元気にしたいとき

ときには無理に食べず、

その機能を休めることも必要な場合があります。

〈これじゃニャーーーーい!〉
image.jpeg

五臓六腑はお互いに関わり合いながら働いています。

それぞれが正常な働きをできるようにして

健康に導くのが鍼灸治療です。

お一人お一人の状態によって

五臓六腑の疲れの出方は違います。

最近あんまり食べれないなあ、

なんかだるいなあ、

なんて疲れを感じているときにも

ぜひご利用ください。


五臓六腑は

年齢分だけ使用しているのですたらーっ(汗)

ときにはいたわってあげましょう。

見えなくてもいろいろなサインで

その状態を教えてくれています。

ずっとお付き合いする大切なものたちの声にも

しっかり耳を傾けてあげましょう。

これからのために☆





にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜19:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 16:59 | TrackBack(0) | 日記

2019年09月18日

大阪近々の予約状況

東大阪・菱屋西の鍼灸・マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。


現在の最短予約は
9/21〜です。

また、次の日程は満室となりました。
9/26、28
10/1

よろしくお願いいたします。




にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜19:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 19:39 | TrackBack(0) | お知らせ