2020年04月04日

自粛

東大阪・菱屋西の鍼灸・マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。
image.jpeg

一緒に暮らす家族、

職場の人たち、

見知らぬ同じ空間に居合わせた人たち、

関わる人すべてに

あなたの行動の影響は

及びます。


自粛は自己責任です。


「まあ大丈夫だろう」

「気にしていてもしょうがない」

「なったらなった時で」

そう思うのは自由ですが

決して他人事ではない状況になっています。


新型コロナウイルス感染症の症状は

人によっていろいろあります。

味覚・嗅覚異常も知られるようになりました。

急に重症化することがある感染症です。

罹患していても無症状の場合もあります。

無症状であれば

接触の自覚がなければわからないまま行動してしまっています。


まだまだたくさんの方が

ニュースで感染者の数字を見ていても

恐れるばかりというより

恐れてもいない、

実感がわかない、

というのが大きい気がしています。

image.jpeg

もう

去年までのような平穏はありません。


薬が開発されてもインフルエンザのように

通年気をつけたい感染症となるのなら

「いつまで我慢すればいいのか」

ではなくなります。

この感染症が収まりをみせても

これからは

一人一人が気をつけなければならないことが増えた生活が

「あたりまえの生活」となるでしょう。


新しい時代における健康の意味もまた

変化していくでしょう。


健康は

自分についてだけだった生活から

自分と関わる人たちみんなのものへ。


みんなの意識があってこそ

自分を守ることができるという

全体の環境と私たち一人一人が切り離せない

時代にきています。

image.jpeg

「なったらなった時」。

あなたのいた場所の消毒、

関わった方の自宅待機や経過観察、

それを調べ消毒する方、

治療にあたる医療従事者、

それぞれに家族やさらに接している方々がいて、

その方々にも…。


たくさんの方の命に

あなたが

影響を与えるのです。


いつなってもおかしくないからこそ

各自で判断し行動する自由がまだあるうちに

罹患する確率を下げるために

出来ることは続けていきましょう。

image.jpeg

木たちは根っこで、

お互いの日当たりや栄養の取り方などを

会話しながら生きているということを

聞いたことがあります。

生きている時間が重なっている以上

好きな人も

嫌いな人も

知らない人も

より良い環境をつくるための仲間であるはず。

〈ぼくもっあせあせ(飛び散る汗)
image.jpeg

医療や介護の現場で

必要な方に適切なケアが届く環境がなくなってしまうことは

避けなければなりません。

病気になったら病院で診てもらえるという

「あたりまえの生活」も

できなくなるなんてことにならないように

一人一人の意識が必要です。


通勤や買い出し。

やむを得ない

やらねばならないこともあります。

できることは

感染症を防ぐための基本である

手洗い・うがいをしっかりと。

言われている3密を避け

その外出は今じゃなきゃいけないのか、

気晴らしは違う形でできないのか、

よく考えましょう。


任されている自粛だからこそ

自分の生活と行動を

見直してみましょう。


我慢やできなくなることばかりではなく

また新しいやり方を見つけるための

きっかけにできることもあるはずです。

image.jpeg

桜はきっと

来年も待ってくれています。




にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜19:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 13:33 | TrackBack(0) | 日記