2017年02月21日

「にゃんこ鍼灸治療室」名前の由来

「どっち派ですか?」

と聞かれて、イヌ派!ネコ派!となったあなた。
ふふふわーい(嬉しい顔)

こんな名称でいうまでもないですが、私はネコ派です。最近は猫ブームなんて言われていますが、決してのっかって名付けたわけではありません。

今日は『にゃんこ鍼灸治療室』のにゃんこについてお話しようと思います。



私がものごころついてからずっと、うちには猫がいました。
子孫が続き、最後に残った一匹は、なんと25年生きました。

この猫は、自分スタイルを持っていて自己管理はバッチリ。

大きな病気もせず、高齢になっても歯や毛艶はきれいで、足腰もしっかりしていました。
自分も自営業の実家のスタッフだと思っていたのか、小さい頃から会議に参加し、仕事場を覗いて業務が滞りないことを確認したら、迷惑のかからないスペースに帰るという日課をこなしておりました。
人間の生活に不穏な空気が流れれば仲裁に入り、悩み事があればただただ話を聞くという姿勢で相談にも乗りました。

あまりに歳を感じさせないので、このまま化け猫になるんじゃ…などと、そのマイペースな生活に周りは感心していました。


しかし、お別れの時は来ました。


その当日も日課をしっかりこなし、
そして、最後はいつもより長く顔出しして
見守って、逝きました。

私たちはそのにゃんこに
いろいろあっても毎日を淡々と
そして大切に生きることを教わり
ストレスを共に背負ってもらいリセットし
自分らしく居られる場所をつくってもらっていたと思います。

動物ではありますが、
最後まで、自分らしくのびのびと寿命をまっとうし、
まわりに心地よい空間をつくってくれたそのにゃんこにあやかり
皆様が自分らしく人生を送れるように
また、皆様の健やかな生活に貢献出来る場所にと
開業にあたり「にゃんこ」とつけました。


猫のようにわがままに。
猫のようにのびのびと。


ロゴマークの猫手は、手あてが持つ優しいイメージだけではなく、身体の不調の原因を威嚇するべく、少し爪を出しています。

image.jpeg
この長生きしたにゃんこは、ブログのトップに顔出しして「ちゃんとやっとるか」見守っています。



にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜18:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com

posted by にゃんこ at 00:00 | TrackBack(0) | 施術について
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178753802
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック