2017年05月24日

熱中症

東大阪・布施の女性専用鍼灸マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。
image.jpeg

まだ5月なのに、連日「真夏日」とか「今年度の最高気温」とか言われています。

ついに30度を記録する日も出て、まさに異常気象ですね。
うちもクーラーデビューをいたしました。

本来なら、梅雨まではすがすがしいはずの季節。

春が来て間も無く急に暑くなり、心も体もぜんぜん準備出来ていないままです。

こういうときは、激しい天気につられて身体のリズムも崩れがちです。

この時期から、熱中症に気をつけましょう。




私たちの体には体温調節機能が備わっています。

熱を産み出すこと
熱を放出すること

この2つのバランスが崩れて、体温が著しく上昇してしまった状態が「熱中症」です。


【熱中症になる条件】
@気温
A湿度
B風速
C日射輻射(太陽からの熱、地面や建物からの熱)

これらが関係するのですが、

❶気温が高い
❷湿度が高い
❸風が弱い
❹日射輻射が強い

という状況は、体から熱を放出することを妨げるため、熱中症になりやすい条件となります。

炎天下にいたり、
運動して体温が上がる条件下にあったりして、
体が熱を産み出す状態になったことをきっかけに高体温になって、いろんな症状がおきます。

そういう環境にいる最中だけでなく、そういう環境にいた後に症状が出ることもあります。



【症状】
ご自分や
身近にいる方に
こんな症状はありませんか。

・めまい
・生あくび
・筋肉痛
・筋肉のけいれん、しびれ、つる
・顔が赤くなっている
・ぐったりしている
・なんとなくしんどそう
・暑いのに、全く汗をかいていない
・拭いても拭いても汗が止まらない
・汗が出なくなってきた
・集中力や判断力低下
・皮膚に触るととても熱くなっている
・皮膚が赤くなって乾いた感じがする
・急に寒いと言い出した
・頭がいたい
・気持ち悪い
・お腹が痛い
・喉が非常にかわく

この中には、熱がこもって出せない時のお知らせサインも入っています。


次の症状は重症です、すぐ医療機関へexclamation
・自力で水分が取れない
・フラフラする
・まっすぐ歩けない
・呼びかけに対する反応がおかしい
・体がひきつけをおこす

こんな方も注意が必要︎
・おしっこの出を良くする薬を飲んでいる方
・塩分摂取量に制限がある方


ご自分の体調もですが
お子様やお年寄りには十分注意してあげましょう。



【部屋にいるのに熱中症?】
太陽にさらされていない部屋に居ても、湿度が高かったり空気が動かない状況にいれば、熱中症になり得ます。

熱中症は
日常生活の中で徐々に進行している
場合もあるのです。
これを
“非労作性熱中症”といいます。

労作性というのは、外での労働によるもので、非労作はそうではない日常生活の中でおきるものです。

高齢者・女性・1人暮らしの方に頻度が高いという統計があります。

離れて暮らすご家族や、
お声掛けはしづらいものですがご近所でも、ちょっと気にかけてあげてください。

・クーラーをもったいないからとつけないのは危険であること
・図書館、スーパー、デパートなど涼しい場所を知っておくこと
・空調のある場所に行くための手段
などなど、熱中症を防ぐための情報を共有していきましょう。


そして、次のような場合も気をつけてください。

・台所でも注意が必要です。
調理中の熱気は、湿度も高くなります。

・暑い中、駐車していた車に乗り込んだ時にも注意が必要です。
高温の密室に急に入ることにより一気に体温は上昇し熱をうまく出せなくなります。空調がきいてくるまで時間がかかります。


体感は人によって、場所によって違います。

あ、にゃんこ達もよろしくお願いいたします。



【治療と予防】
なったかも
というときにはすぐに応急処置を行い、医療機関へ!

〔応急処置〕
・空調がきいた涼しい場所へ移動
・近くにそんな涼しい場所が見当たらない時は、風通しのよい日陰へ
・安静に
・衣服をゆるめ、体から熱を放出しやすいように
・両方の首筋、脇の下、脚の付け根を冷やす
・水を皮膚にかけて、あおいで風を送る
・水分、塩分を同時に補給(スポーツドリンクなど)

気持ち悪がっていたり、自力で飲めない人には無理な水分補給はしないようにしましょう。

上に挙げた重症症状や高熱が出ていたりする時にはすぐ救急車ですexclamation



image.jpeg

外出時には水分を用意して持ち歩きましょう。

水分補給はとりあえず水やお茶でも構いませんが、たくさん汗をかく環境では、塩分も同時に摂る必要があります。

水だけでは体液は薄まり、汗で失った塩分を補えず、体液の正常なバランスをさらに崩してしまいます。

水分と塩分を適切に含んだものがよい、ということです。

適切に、といってもどれくらいか?となってしまいますが、
最近は

「経口補水液」

というものが薬局で手に入ります。調剤薬局でよく見かけます。
ゼリータイプもあるので、誤嚥の可能性がある場合にも使えます。

スポーツドリンクは手っ取り早いのですが糖分も多いので、その点は注意しましょう。


日本救急医学会「熱中症に関する委員会」の『熱中症診療ガイドライン 2015』では、
・梅こんぶ茶
・お味噌汁
もオススメしています。

これらは、熱中症対策の水分補給としてもいいですし、夏バテ防止にも役立ちます。



【こんなふうになる前に】
image.jpeg

私の祖父母がよく
「今の暑さは昔と違う」
と言っていましたが
小さい頃は自分が老けたからじゃ?なんて失礼なこと、思っていました。

でも、実際、昔とは違いますね。

天気予報は、最高気温だけでなく湿度にも注意してみてください。
(湿度計は100均にもありますよ)

夕方になって、水をまけば放射冷却で少し涼しくなる、
そんな涼の取り方では、都会に昼間こもった熱はなかなか冷めなくなっています。

・ナチュラル思考で自然風だけで過ごしたい
・クーラーで体調を崩す
など人工的な涼しさが苦手な方も、タイマーや送風機、ひんやりグッズ、冷感衣服などを上手に利用して涼をとりましょう。



気候の変化は、出張や旅行でも対応が必要です。

部屋の中でも、外でも、
自分が居る場所の環境を知ることはとても大事です。


暑さに負けない、対応出来る身体にしておくこと。


それには、
しっかり食べてしっかり寝て
という基礎体力が大切です。

体調がすぐれない時には長時間の外出や労働は避けたいところですが、仕事ではそんなことも言ってられない場合もあります。

日頃の体調管理に、ぜひ鍼灸・マッサージを役立ててください。




にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜18:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 00:00 | TrackBack(0) | 身体の話
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179814194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック