2018年01月28日

看病・介護の理想と現実

東大阪・布施の女性専用鍼灸マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。
image.jpeg

最近、身近な方の看病や介護についてのニュースを見る機会が増えました。

理想ってなんでしょう。。。


誰もががんばれるわけはなく

出来ることも

どんなことにしんどく感じるかも

ひとりひとり違います。


当ブログでもこれまで次のような題名で取り上げています。
(カテゴリに「介護」と入力していただくと出てまいります。よろしければご覧ください。)

・『働きながら認知症の方を介護するとき』

・『介護と不調』

・『介護、看病に疲れたら』


自分ひとりが大変なのではない
といわれても
現実は 、
その人ひとりの大変さです。

理想は自分のやりたいと思う理想とご本人の理想のすり合わせでしょうが、ときに、
周りの意見というものも耳に入ってしまいます。

この場合は思い切ってそれを聞かずにやる時期もあっていいと思います。

家庭内での事情は、「はたから」みてもわかってはいただけないものです。

現実は、毎日の小さな積み重ねで出来ていきます。

そして皆、理想を現実にするべく奮闘しています。

自分たちの向き合い方を信じるその一歩として、次のようなことがまず必要になります。





元気だった頃のその方は、どんな方ですか。

image.jpeg



変化したご本人をまずは受け止め、受け入れていかねばなりません。

あなたにも時間が要ってあたりまえです。

心と体がバラバラにならないよう、受け入れていきましょう。

ご家族の変化はあなたの変化。

なんの心配もなく
仕事に打ち込めたり、
旅行に行けたり、
人と会う時間があったりと
出来ていたことが、これまでとは変わります。

あの時代は…と自分が実感することになろうとは思いもよらなかったでしょう。

しかし、マイナスなことばかりではありません。

ある制約が出来たとしても、それは今本当に必要なことだけに目を向けることができるようになることでもあります。

そして、あなたの人生において
何が1番大切かを思い出させる、
または気づかせてくれる
新しい発見の時間でもあります。

そんなあなたのそばで変化したご家族は、幸せです。

たとえ体に不自由が出来たとしても、あなたが毎日を前を向きただ淡々と過ごしてくれることに、安心して体を預けられる自由を感じるようになるのです。

そうは言っても、離れて暮らしていた方は、思いもよらない知らない面をみて、対処に戸惑うこともあるでしょう。

すれ違う想いは時に喧嘩となり、大きな負担となり、あなたに襲いかかるでしょう。

手がかかる

そんなしんどい時間を、がんばっていくために、あなたに寄り添う鍼灸・マッサージがあります。

〈こら、リラックスし過ぎやたらーっ(汗)
image.jpeg

ご自分の体にも変化が出たら。

病院へ行っても「ストレスからでしょう」と言われるような症状を、がまんせず放置せず、手あてをしてあげましょう。

疲れてきたら自分のための時間をとりましょう。

お茶を一口飲んで

はぁーっと息をはき出すこと、

そんな些細な時間をぜひ、しっかり感じてください。

そして

時間がつくれたなら、施術によって

あなたの今の状態をしっかり実感いたしましょう。


心も体も透明になってしまわぬように

にゃんこはいつでも応援しております。



にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜18:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com

posted by にゃんこ at 20:01 | TrackBack(0) | 身体の話
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182262132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック