2019年04月15日

痛みは他人事

東大阪・菱屋西の鍼灸・マッサージ
にゃんこ鍼灸治療室です。
ご覧いただきありがとうございます。
image.jpeg

痛いとき、

「どこが?」

は言いやすいですね。


しかし、

「どんなふうに?」

と聞かれたら何と答えますか。

・ズキズキする
・ビーッとする
・ピリピリする
・もやっとしている
・とにかく痛い

表現の仕方は様々です。

どうにかこの感じを伝えたいと

例えも使ったりした経験はありませんか。


骨折した経験がないのに「折れたみたいに」痛かったり、

えぐられているみたいに痛かったり、

棒を突き刺したみたいになど、

実に様々な言い方があります。


また、痛みに対して強い・弱いという捉え方もあります。

同じ刺激でもあなたと隣の人とは違う体、違う感覚です。

さらに痛いのではない場合もあります。

しびれを痛いと感じたり、

痛みをかゆいと感じたり、

痛いではなくしんどいという表現になったりもします。


こんなにいろんな言い方が出来てしまうのは、

感覚には個人差がある上に、

表現の仕方も人それぞれの言葉になるからです。


〈 どれどれ 〉
image.jpeg

自分が痛くてつらいのになかなか他人がわかってくれないと、

「所詮他人事なんだな」

と疲れますね。

そう、他人事なんです。

いろんな言い方ができるくらい感じ方は違うんだと思えば、

「痛みは他人事」は冷たい意味でなく

ただの事実となります。

病院や治療院に行かれた際は、

がんばってあなたの感覚を伝えましょう。


もし言い方がわからなくなったら(聞かれると思いますが)

「どんなときに痛いか」

を足してください。

・どんなふうにするといたいのか
・どうしたらましになるか
・どうしたらさらに悪化するか
・決まった場面、決まった時間につらくなる

しかし痛みがピークの時には

こんなことを考える余裕がないものです。

出たり出なかったりする症状は、

どうだったか忘れてしまうこともあります。

「こうしたらましだけど、こうしたらあかんな」

ちょっと思い出しておきましょう。


〈どこにいるでしょう〉
image.jpeg

あなたの訴えの中に解決の手がかりがあり

表現の仕方の中に答えがあります。

ご自分の言葉でいいのです。

専門用語など調べていなくていいのです。


ブログ「カルテの既往歴、家族歴」

でカルテ記入についても記しました。

医療従事者や施術する聞く側の人としての問題も大きく関係しますが、

自分でも体について伝えましょう。

それがはじめの第一歩になります。

image.jpeg

痛みは、わかってもらえたという感じがしたら

それだけでも少し緩和されます。

また、

「わかってもらえた」

というのは治療や施術の結果、楽になったときにはじめて思えることです。

あなたの痛みが解決のための手がかりとなります。

自分のありのままの感覚を大切にしましょう。


自分の感覚だけは

決して他人事にしないように。





にゃんこ鍼灸治療室
平日10:00〜19:00(日祝休み)
http://www.nyankoshinkyu.com
posted by にゃんこ at 20:57 | TrackBack(0) | 身体の話
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185864878
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック